x 東武よみうりウェブ版 とーよみnet
ニュース

10月1日に開催・つばさの森まつり

2011.9.26(草加市)
ニュース写真
 草加市柿木町にある、つばさの森で10月1日午前10時から、「つばさの森まつり〜すまいるフォーユー〜」が開かれる。つばさの森は知的障害を持つ人の授産施設。同施設の利用者が作る、マドレーヌや地元名産の小松菜を活用した、ご松菜マドレーヌ、小松菜マフィンは、提携した販売店や各種イベントで人気の名菓として定着している。
 「つばさの森まつり」は当初、利用者やその親同士の交流を深めるため開催。2006年から「すまいるフォーユー」を主題とし、一般市民にも参加を呼び掛けている。
 模擬店では保護者会によるドライカレー、焼きそば、小松菜ジュースなどのほか、今年県内のB級グルメで優勝した小松菜チヂミバーガーが数量限定で販売される。人気ゲーム機などが当たる大抽選会も開催。また、大震災への義援金として寄付するため、10円で楽しめる宝釣りやビン立てのゲームも行われる。
 屋外ステージでは常連となった、隣接する草加東高校の吹奏楽部と青柳地区の青柳太鼓愛好会による音楽、昨年から参加したよさこい草加連による踊りが披露。今回は獨協大学ダンスサークル、同市内の音楽好きのグループTHE GOOD TIMESも参加する。
 つばさの森へは、松原団地駅東口または新田駅東口からバスで「総合グランド前」で下車し徒歩10分。車をご利用の人は草加東高校を目印に。駐車場利用可。
 <問い合わせ>つばさの森(草加市柿木町1105の2)TEL935・5678。

>戻る