ニュース

画家の小澤さんが義援金を贈る・個展でチャリティーで集める

2011.5.2(草加市)
ニュース写真
 草加市西町在住の美術協会純展理事・小澤興太郎さん(73)が4月26日、個展で自作の絵を希望者にチャリティーとして分けて集まった募金など60万5054円を市福祉課を通じ日本赤十字社に贈った。田中市長を訪問し手渡した。
 第14回エイズチャリティー美術展(1月、国立新美術館で開催)で小澤さんが出品した油絵が大賞を受賞。市立中央公民館で15日〜25日に記念の個展を開催、受賞作品を除く展示した60点を希望者に分けて、その代わりに募金してもらおうとチャリティーを企画した。9割の作品が希望者に分けられたという。小澤さんは「金額は決めずに、絵がほしい方に自由に募金を入れてもらいました。私の絵で、被災者のみなさんの支援になれば」と話していた。田中市長は「このようなボランティア活動は、被災者の皆さんにも勇気を与えてくれると思う。この善意を確かに被災地に届けます」と話していた。

>戻る