ニュース

高校生の自転車を無料点検・草加市シルバー人材センター

2011.4.26(草加市)
ニュース写真
 社団法人草加市シルバー人材センター(横須賀吉明理事長)が11日、草加高等学校(長谷川浩校長、生徒数962人)で、自転車の無料点検を行った。自転車通学を開始する新入生の入学時期にあわせ7年前から実施、高校生たちに自転車の安全利用と交通安全マナーの向上をPRすることが目的。
 点検は、同センターで自転車のリサイクルなどを担当している会員7人が、生徒が授業を受けている間に687台の自転車を約3時間かけて行った。ベルの不良50件、ブレーキの不具合42件、ライトの故障は10件など129台に不具合が確認された。生徒たちは不具合か所を確認し、修理が必要だと分かると次々と、シルバー会員に修理をお願いしていた。
 ブレーキの調整をしてもらった青柳里沙さん(2年)は、「昨年も点検を受けて修理してもらいました。このような機会を設けてもらって本当にありがたいです」、ベルを交換した小川雄生くん(同)は、「自転者は毎日通学に利用していますが、ベルが壊れていることに気付きませんでした。とても頼りになりますね」と感謝していた。
 生徒指導部主任の前田耕一先生は、「生徒の多くが自転車で通学しています。シルバー会員の皆さんとの会話の中で、自然に交通安全意識を向上させることができ、非常に感謝しています。自転車利用者としてのルールを守れなければ、社会人としてのルールやマナーも身に付けることはできません。これからも徹底した交通安全の指導を行います」と反していた。
  同センターでは、25日にも草加南高校で草加警察署が行う自転車の交通安全教室に合わせ、自転車の無料点検を行った。

>戻る