ニュース

スクーターカウルなど3点・草加モノづくりブランド認定製品

2011.4.4(草加市)
ニュース写真
 市内中小企業が開発した優れた新製品を認定する「草加モノづくりブランド」の2010年度認定製品がこのほど決まり、3月28日に認定証贈呈式が草加商工会議所で行われた。今回は、スクーター用繊維強化プラスチック製カバー「グランドイーグル」、職人技による細かな細工が施された「唐木仏壇」、車のナンバープレート盗難防止用特殊ボルト「GDトリプルロック」の3点が認定された。今後は都内で開催の展示会などで製品をアピール、販売拡大を図る。
 草加市と草加商工会議所による、草加モノづくりブランド実行委員会(委員長・野崎友義草加商工会議所会頭)では、06年度から市内の中小企業者で製造や開発を行っている製品の中で独自性や先進性があり、卓越した技術を生かした製品を「草加モノづくりブランド」として認定している。
 認定製品の内容は次の通り。
 ▽「唐木仏壇」(藤浪仏壇製作所=瀬崎町・藤浪一彦代表)=素材に黒壇や紫壇、桑・屋久杉などの唐木銘木を使用することにこだわりを持ち、江戸時代からの職人技を守り、装飾の少ないデザインでありながらも、細かな細工に工夫が凝らされた仏壇 ▽「GDトリプルロック」(株式会社マツ・ショウ=青柳8丁目・松本昇代表取締役)=自動車のナンバープレートの盗難を防止する特殊技法によるボルト。プレートに装着後、一般的な工具でボルトを外そうとするとボルト先端部が空転して外すことができない。ボルトを外す場合は、専用の特殊の工具でのみでしか外すことができず、安全性に優れた仕組み
 ▽「グランドイーグル(スクーターカウル)」(北関工業株式会社=新里町・星輝光代表取締役社長)=新進気鋭のデザイナーと繊維強化プラスチック(FRP)のエキスパートの同社がコラボレーションして製作。レーシングカーにも使われるFRPの利点(軽量・高強度)を最大限に生かし、鷲をイメージした斬新なデザインに加え、取付けが簡単で、耐久性にも優れたフロントカバー製品。

>戻る