ニュース

被災地へ53万円余を送る・草加せんべい慈善手焼きで

2011.3.28(草加市)
ニュース写真
 東日本巨大地震被災地への義援金を募るため、草加せんべい振興協議会(沼口孝次会長)が18日、市役所玄関前で「チャリティー手焼きせんべい」を行った。
 沼口会長やせんべい大使の竹花真弓さん(マリンバ奏者)がたすきをかけて呼びかけた。焼きたてのせんべいの香りに誘われ、多くの人が募金に協力、配布したせんべいは560枚に上り募金は38万1686円が集まった。3歳の娘を連れて募金した森下優子さん(新里町)は「娘と同じ年頃の子もたくさん被災地にはいると思うので心が痛みます。せめてもの思いで募金しました」と話していた。
 同協議会が過去5回行った通常のチャリティーでの募金15万円余と合わせ、合計53万4376円を日本赤十字社を通じて被災地に寄付される。

>戻る