ニュース

松原クラブなど優勝・東武よみうり杯婦人バレー

2010.10.4(草加市)
ニュース写真
 第7回東武よみうり杯婦人バレーボール大会が9月25日、草加市民体育館で開催され20チームが参加した。
 大会は3コートに分かれ予選を行い、各コートで上位2チームによる決勝戦を行った。その結果、Aコートは松原クラブA、BコートはANFvc、Cコートは八小クラブがそれぞれ優勝した。最優秀選手賞は、チームは2位ながら大型アタッカーとして注目を浴びた嶺井智美さん(40)=FRIENDLY=が獲得した。東武よみうり新聞社より賞状、トロフィーが贈られた。各個人賞に読売新聞販売網(株)関商事・YC(読売センター)より、Jグルメカードなどが贈られた。
 大会は読売新聞販売網(株)関商事、東部読売会越谷支部、報知新聞社が後援した。

 【個人賞】▽最優秀選手賞=嶺井智美(FRIENDLY)▽優秀選手賞=山崎晶(CAT,S)、水品清美(TANNPOPO)、植竹ひかり(八小クラブ)▽ベストアタッカー賞=宮坂紀久子(ANFvc)▽ベストレシーバー賞=日南田なつえ(飛鳥クラブ)▽ベストセッター賞=遠藤ひとみ(松原クラブA)▽ベストサーバー賞=高木奈津子(安行領家)▽敢闘賞=盛田美佐子(西町クラブ)、甲斐明美(ビクトリー)、妻木恵理子(KOTORA)、関歌子(オクSUMMAR!)、小川さゆり(COSMOS)、高橋真由美(八小クラブ)、砂川麻紀子(TANNPOPO)、皆川悦子(松原クラブB)、大滝麻美(松原クラブA)、木房弘美(FAIRIES)、戸井田美奈子(ANFvc)、工藤幸恵(安行領家)、織田直子(みさとCOCO)、高嶋いづみ(蒲生,ズ)、横山比呂美(さとみクラブ)、西口知子(FRIENDLY)、松本裕子(飛鳥クラブ)、船戸恵美子(CAT,S)

 最優秀選手賞を獲得した嶺井智美さんは、FRIENDLY(三郷市)の左翼のアタッカーとして活躍した。174aの長身と高校・大学・社会人と陸上・やり投げで鍛えた肩の強さで繰り出す強烈なスパイクが武器だ。「最優秀選手賞はみんなが拾いまくって助けてくれたおかげです」と満面の笑顔で応えた。  全国ママさんバレー県予選で2年前はベスト4、昨年ベスト8の原動力となった。バレーボールを始めたのは11年前。高校3年のときは国体2位、インターハイも連続出場したほどのやり投げの選手だった。結婚後も競技を続け、そのためのトレーニング中、背の高さを買われて近くのクラブにスカウトされ入部。途中、出産などで休んだが、バレーボールのとりこになった。「ボールを無心に追いかけ、スパイクが決まったときの爽快感は最高です」。練習は週に2時間ほどだが、試合に出られるのも「家族の協力あってのこそ」と夫と中3を頭に3姉妹の子どもたちの支えに感謝している。
>戻る