ニュース

9、10日に受注会・エコなランドセル

2010.10.4(草加市)
ニュース写真
 国内初のエコマーク認定製品で草加モノづくりブランド製品でもある、草加市清門町の株式会社メシエとメシエジャパンの地球にやさしいランドセル「エコランド」の受注会&見本市が9、10日に草加商工会議所3階特設会場、11日に越谷市中央市民会館7階特設会場で開催される。開催時間はいずれも午前10時〜午後4時。
 牛革製ランドセルとして2007年9月、財団法財団法人日本本環境協会より、初めてエコマーク認定を取得。これまで、少量限定で製造販売されてきたが、このほど量産体制が確保され、デパートや小売店などに全国流通が可能となったため、今回地元への還元として3日間限定のセールを企画、通常価格より割安の工場直売価格で注文を受け付ける。
 「エコランド」は人体への健康や環境に配慮した、有害物質が含まれていない「エコサムレザー」を使用した安心安全のランドセル。今年7月には希少な馬のお尻の皮革コードバンでもエコマークを取得。今回のセールでは牛革(赤、黒、紺の3色)、コードバン(赤、黒)のほか3日間限定販売品として、3か所にハートマーク入りのパールラメ牛革(チェリーピンク、ローズピンク、サックスの3色)も用意されている。このほかクラリーノ(合皮革)素材の軽量ランドセル(16色)も販売。価格帯は5万8000円〜2万9800円。3人で同時購入すると一個につき2000円グループ割り引き特典あり。
 メシエジャパンの茂垣行信さんは、エコランドの再活用も提唱。「おじいちゃん、おばあちゃんに買ってもらったランドセルは、小学校を卒業したら再活用、めがねケースやペンケースに作り変えて感謝の気持ちを込めてお孫さんからプレゼントしてほしい。6年間の思い出が詰まった革がいい風合いになるので、当社で制作します」という。
 <問い合わせ>メシエ&メシエジャパンTEL048・941・5681。

>戻る