ニュース

そう★か〜DO抽選に人気・松原団地まつり

2010.9.6(草加市)
ニュース写真
 草加松原団地で8月28、29日の両日、「松原団地まつり」が開催された。団地まつりはスイカ割り大会、金魚つかみ大会、将棋大会、花火大会などのイベントが団地内の各地区商店会や集会場、中学校グランドなどを会場に繰り広げられた。このまつりに今回から草加市商店連合事業協同組合(三井忠理事長)が共催として加わった。
 同協同組合は団地まつりのメーン会場である松原団地駅西口公園広場で28日、「草加ふささら そう★か〜Do大抽選会」を開いた。そう★か〜Doは、同協同組合が今年1月20日から草加市内共通ポイントカードとして加盟店で発行、使用できるもの。100円で1ポイント。400ポイントで満点カードとなり、加盟店で500円分として使用できる。また、この満点カードを貯めると、例えば5枚でそう★か〜Do商品券3000円分、28枚でニンテンドーのゲーム機などと交換することもできる。
 三井理事長は「カードは予想通り、順調に利用者が増えている。加盟店も現在は30店舗以上増え、200店舗近くなった。今回の抽選会は、こうしたイベントを開催することでより魅力あるカードになるとの考えから。加盟店が200店舗近いというのは、全国でも有数のものと思う」と力強く話した。
 この日一番に抽選を行った草加市金明町の鷹左右トミ子さん(69)は、「家に配布されたチラシでこの抽選会を知りました。満点カードが6枚ありましたので、一人3枚までという制限があり、娘と一緒に来ました。以前は地元新田地区の商店街カードを利用していましたが、今はこのカードに統一されました。買物はやはり地元が多いですが、市内共通というのも便利だと思います」と、娘さんと2人で当てた2、4、5等の景品を手に、ニコニコと話した。

>戻る
ホームページの内容を無断で複製・転載することは著作権法により禁止されています。