ニュース

草加市ラジオ体操連盟が全国表彰・発足31年目、普及活動を評価

2010.8.16(草加市)
ニュース写真
 第49回1000万人ラジオ体操・みんなの体操祭(全国ラジオ体操連盟・NHK・株式会社かんぽ生命保険主催)が1日、大分県大分市の大分銀行ドームで開催され、草加市ラジオ体操連盟(佐藤勇会長)が長年の普及活動などの功績により、今年度の優良団体として全国表彰された。当日は、佐藤会長、田辺雅子理事長が参加、表彰状などを受け取った。
 草加市ラジオ体操連盟は1978年8月のNHK夏季巡回ラジオ体操会場(高砂小)になったことをきっかけに80年6月に市民の健康づくりを目的に設立。現在、毎月第1日曜日の定例会や松並木の元旦体操、8月の松並木2000人大集合ラジオ体操などを実施。現在、会員は約100人。指導員養成講座開催や市内18団体への指導員派遣など行っている。3年前には2度目の夏季巡回ラジオ体操が草加で開催、同体操史上最高記録の約4000人を集めた。
 佐藤会長は「今回の全国表彰を弾みに、早寝・早起き・ラジオ体操をスローガンに、いつでもどこでもラジオ体操ができる環境づくり、普及活動に今後も尽力していきたい」と喜びを語った。

>戻る