ニュース

河内さんCD発売・ソプラノライブを編集

2010.7.26(草加市)
ニュース写真
 草加市演奏家協会会長でソプラノ歌手の河内紀恵さん=草加市遊馬町在住=がこのほど、2007年から09年までの3年間のソロリサイタルの録音を編集した、ライブ盤CD「ソプラノリサイタル・ライブ 河内紀恵」を発売した。
 「クラシック音楽になじみのない方の入門編になれば」と、リサイタルをプロデュースしてきたエド企画の協力で企画制作。河内さんは、02年から日本大学カザルスホールや銀座・王子ホールなどで毎年、親子愛や春の訪れなど各テーマを掲げ、関連する曲目を選びリサイタルを実施してきた。
 今回収録したのは12曲で「さくらさくら」(山田耕筰作曲)、組曲「四季より」(武島羽衣ほか作詞、滝廉太郎作曲)といったなじみの日本の歌や本格的なオペラ「蝶々婦人より」(G・プッチーニ作曲)も盛り込んだ、幅広い年齢層に対応した構成になっている。
 「来年10回目のリサイタルのステップとして制作しました。かたくるしくなく聴けるように日本の歌など選んで収録しました。外国の曲の良さもこのCDで知ってもらいクラシックファンが増えれば」と期待する。現在、草加の風景を入れたDVD版も企画中だ。
 CDは1000枚制作、1枚2000円で発売中。
 <問い合わせ・申し込み>河内さんTEL&ファックス048・925・4417。

>戻る