ニュース

幻想的な草加松原・ライトダウンキャンペーン

2010.7.19(草加市)
ニュース写真
 街灯など照明を一斉に消すライトダウンキャンペーンが行われた7日、草加松原地区では草加青年会議所主催の「キャンドルナイト」が行われ遊歩道やハープ橋、綾瀬川左岸広場の街灯などが消灯、約3000個のキャンドルが灯された。
 会場には親子連れなど約1500人が参加、灯をつけたキャンドルが1個ずつ手渡され、ハート形や星形に並べて揺らめき炎をながめひとときを過ごした。同広場脇には幅5bの巨大虫かごが置かれ300匹のヘイケボタルを放し幻想的な光の風景を楽しんだ。
 家族で訪れた折戸佐奈さん(中学1年)は「キャンドルは一つひとつは小さい炎だけど、此れだけ集まるときれいですね」と話していた。

>戻る