ニュース

全国駅伝に出場・草加ジュニア陸上クラブ

2010.3.8(草加市)
ニュース写真
 草加ジュニア陸上クラブ(南澤康夫代表)が「日清食品カップ第12回全国小学生クロスカントリーリレー研修大会」(20、21日・大阪府池田市)に埼玉県代表として初出場する。昨年12月の県予選で32分30秒のタイムで3位に入り、埼玉県陸上競技連盟より推薦を受けての出場。代表選手8人(補欠2人含む)は1月から、週6日、レベルアップを目指し練習に励んでいる。
 代表選手は、スピード能力が高く持久力もあるバランスを考えて選考。平日は畠山眞人コーチ(57)が6000bジョッグや200bダッシュなどのさまざまな組み合わせでスピード、持久力アップを図っている。「みな、レベルアップしてきた。県代表として恥ずかしくないレースをさせたい」と畠山コーチ。南澤代表は「みなタイムも10〜15秒短縮されチームワークもよくなった。先頭集団に食らい付いて、たすきをつなげていければ入賞も夢ではない」と期待する。子どもたちも「みんなでたすきをつなごう。メダルをとるぞ」を合言葉に、最終調整に余念がないようだ。
 全国から都道府県代表50チーム(大阪府代表4チーム含む)が出場、万博記念公園内特設会場でレースが行われる。男女6人が交互に各1・5`計9`を走るタイムレース。
 代表選手は次の通り(敬称略)。
 冨田一光(草加・稲荷小6年)、塚田亮人、高橋一希(以上草加・谷塚小6年)、竹村駿人(八潮・八條小5年)、渡辺明日香(草加・西町小6年)、村松郁実(足立区・舎人小6年)、荒川明日香(草加・高砂小6年)、鈴木愛里(草加・両新田小6年)

 冨田一光くん「全国に通用するような走りをしたい」
 塚田亮人くん「悔いの内容精一杯走りたい」
 高橋一希くん「今よりもっと速く走れるようにしたい」
 竹村駿人くん「今までの練習の成果を発揮したい」
 渡辺明日香さん「全力で食いのないように走りたい」
 鈴木愛里さん「自分の持てる力を発揮したい」
 荒川明日香さん「入賞目指して頑張る」

>戻る