ニュース

「佐藤邸」など7点が受賞・草加市まちなみ景観賞

2010.3.1(草加市)
ニュース写真
 良好な景観形成に向けた市民の活動などを表彰する、今年度の「草加市まちなみ景観賞」の受賞作品が決まり、2月21日に市立中央公民館で、施工者や設計者など関係者に表彰状や記念銘板の贈呈が行われた。
 同賞は、1988年の市制施行30周年記念で創設され今回で17回目。建造物や市民活動など150点をこれまでに表彰している。今回は、有識者や公募市民ら7人の景観審議会で「周辺の街並みと調和しているか」、「草加の原風景としての歴史や文化を感じさせるものか」などを基準に選考され、応募17件から、7点を景観賞に、4点を奨励賞に選んだ。建物景観部門でまちなみ景観賞を受賞した「コモンガーデン草加」の積水ハウス埼玉東支店の間舘孝雄さんは「オープン外溝に加え、道路空間を広く取り、住む人が快適さを感じられるまちにしたい、という設計意図が評価されうれしい。草加に孫子の代まで住み続けてもらえるような家作り街並みづくりを今後も続けていきたい」と話していた。
 受賞作品は次の通り。
 <建物景観部門>佐藤邸(谷塚町)=コンクリートと木を生かし調和。オープン外溝や2階のデザインが圧迫感がないまちなみを創出▽トーエイライト株式会社社屋(瀬崎町)=建物意匠に工夫、市街地の事務所や倉庫のデザインのあり方として先導的な役割▽コモンガーデン草加(原町2丁目)=各棟の形が微妙に異なり、全体では統一されている。広い道路とオープン外溝でまち全体を明るい印象にしている
 <保存景観部門>舩戸清右衛門邸(西町)=18世紀後半ごろの建築で、庭木も当時のものが数多く残り保存
 <緑化部門>植田邸(長栄町)=ゴミ置き場を緑化し心地よい住環境を創出▽天野邸(弁天1丁目)=歩行者や地域の人の目を楽しませる植栽や維持管理▽金子邸(青柳6丁目)=シンプルに色彩を抑えた植物でまとめ、統一感の優れた景観創出
 【奨励賞】建物景観部門=中村邸(松江3丁目)、益子歯科クリニック(吉町2丁目)▽緑化部門=山田邸(西町)、駒崎邸(清門町)

>戻る