ニュース

シダレザクラ高砂小に寄贈・連合婦人会

2010.2.15(草加市)
ニュース写真
 草加市連合婦人会(秋元芳枝会長)が3日、市立高砂小学校(中村文夫校長、児童1064人)にシダレザクラ(仙台紅しだれ)を寄贈した。
 婦人会の会員5人が訪れ、中村校長、木下博信草加市長に目録を手渡した。秋元会長は「小学校に緑を贈りたいという長年の思いがついに果たせました。サクラが咲くころ、児童に楽しんでもらえると思います」と話していた。寄贈されたサクラは高さ約6bで、正門脇に植えられた。中村校長は「5、6年生児童30人の栽培委員が水やりや草取りなど手入れをしていくことになっています。本校にとってシンボルとなる樹木として成長を見守っていきたい」と話していた。
>戻る