ニュース

笑いと怒りの「くちびるバッグ」・宮島さんの作品、レザーフェスタで展示

2010.2.9(草加市)
ニュース写真
 草加レザーフェスタ2010「おもしろ!レザー・ワールド!!あつまれ」(そうか革職人会主催、草加市・草加商工会議所・草加市地場産業振興協議会共催)は13、14日の2日間、草加市文化会館で開催される。入場無料。
 「おもしろ!革の博物館!」展示コーナー(レセプションルーム)では、レザーフェスタの前身、そうか皮革大賞コンテストの審査員も務めた、鳥取県米子市でアトリエMOTO,S主宰の本池秀夫氏の革工芸作品数十点をメーンに展示する。1990年代初頭のアメリカの生活を再現したレザードール、オランウータンやイヌなど動物作品はリアルな動き、表情を切り取った芸術作品だ。
 恒例となった高校生デザイナーとそうか革職人会とのコラボ作品も必見。革職人会が作った、触って遊べる作品も合わせて展示する。フリースペースでは、子どもから大人まで楽しめるさまざまなクラフト体験(材料費実費)、革の釣堀(無料)では釣り上げた革の小物をキーホルダーなどにしてくれるお楽しみも。来場者先着1000人に、特等・東京ディズニーランド1日パスポートペア券や革製品など当たる福引もある。
 くわしくは、そうか革職人会ホームページ(http://www.soka-kawa.com)
 <問い合わせ>そうか革職人会事務局(草加商工会議所内)TEL928・8111。

>戻る