ニュース

3団体が活発化へ結束・レザーフェスタなど開催<そうか皮革の旅>

2010.1.4(草加市)
ニュース写真
 新年おめでとうございます。本年度も草加の皮革産業ご贔屓お引き立てのほどよろしくお願い申し上げます! ついでに“そうか革職人会応援団長”の私・三遊亭春馬も宜しくお願い致します。
 さぁ~、新年の挨拶も済んだところで、皆様は“そうか革職人会”なるものをご存知ですか!?
 2001年10月に前々からある三つの団体(埼玉県皮革産業協議会・埼玉皮革関連事業協同組合・埼玉県部落解放企業連合会草加支部)が協同して、草加の皮革産業を活発化させていこうと、草加市を中心に八潮・越谷・三郷・吉川といった近隣の皮革を扱う企業・職人はもとより、関連企業の人達が集まり、一緒に皮革を楽しみ盛り上げて行こうと立ち上がった集まり衆が“そうか革職人会”です。
 『めざせ アジアのフィレンシェ!』を合い言葉に《草加皮革大賞コンテスト・アンテナショップ『SESSE(セッセ)』・皮革関連業者とのネットワーク化・皮革産業のPR及び普及》といった活動を柱としてスタート。最初に取り組んだのが『草加皮革大賞コンテスト』。プロ・アマ問わず、デザイン画や試作品などを全国に広く募集し、さまざまな皮革の可能性と技術を評価して、各賞の受賞および作品の発表・展示を行ってきました。現在は、草加皮革大賞コンテストから名称を代え、皮革の祭典【レザーフェスタ】として、毎年新しい企画で皆様に楽しまれています。
 皮革アンテナショップ『SESSE(セッセ)』は、2008年度で運営事業を終了し閉店。今後はバーチャルSESSE(セッセ)としてインターネット上で発信して行く予定です。また、各イベントにも積極的に参加をしたり、越谷総合技術専門学校の生徒とのコラボレーションによる作品を発表したりと、自らの力と知恵で色々と活発的に活動をしています。もちろんホームページなども開設しており、『そうか革職人会』で検索をして頂ければ、各企業の紹介や活動内容を知ることが出来ます。そうか革職人会は皆様に愛される皮革の匠集団です。是非ともご利用下さい。
 早速『そうか革職人会』にアクセス。それでは皆様また来月お楽しみに〜。
 ※今年の皮革の祭典【レザーフェスタ】は、2月13・14日の2日間!草加文化会館レセプションルームなどで開かれます。
(監修・そうか革職人会)
 三遊亭 春馬(さんゆうてい・はるば)=落語家。そうか革職人会応援団長。草加市在住)
>戻る