ニュース

木下市長も特別参加・パインアベニュー音楽祭

2009.11.10 (草加市)
ニュース写真
 3日、ふささら祭りでにぎわう草加松原綾瀬川沿いの埼玉自動車商会の整備工場前に青空ステージが設置され「第2回パインアベニュー音楽祭2009」が開催された。若者のストリートバンドからプロ奏者まで、様々なジャンルの音楽が披露され300人が聞き入った。
 松原団地駅東口のパインアベニュー商店会(小野田英二会長)が町を元気にしようと企画したもの。新内三味線の名取りでもあるワッシー・ビンセント・ジュニア(富士松ワッシー)さんの力強い演奏のほか、アマチュアバンド「GOOD TIMES」には木下博信草加市長も登場、場を盛り上げた。
 小野田会長は「音楽都市草加ということもあっての企画。近隣の市で大型店の進出もあるが地元に活気を作るきっかけになってくれれば」と願い、来年はさらにバージョンアップをすると力強い。駅西口ハーモネス商店会の三井忠会長(草加市商店連合事業協力組合理事長兼任)も東口とタイアップした事業展開を図り「地域のためにがんばっていきたい」と挨拶した。東武よみうり新聞社後援、栄町中央町会協力。

>戻る