ニュース

秋晴れの下さわやかに汗・健康ウオークに193人

2009.10.5(草加市)
ニュース写真
 今年で17回目となる草加市健康づくりウオーキング大会(草加市主催、草加ウオーキング会協力)が先月27日、市内約9`のコースで行われ、小学生から高齢者まで市民193人が参加した。
 今回は、草加松原遊歩道ハープ橋脇から出発、草加ウオーキング会の引率・誘導で、7班に分かれて、外かく環状道路沿い緑道、八条用水沿い、そうか公園などを経由し、再び松原遊歩道に戻るコースで、途中色づき始めた樹木に秋を感じながら歩いた。途中でストレッチしたり休憩したり、それぞれのペースで歩き約3時間かけてゴール。完歩証を皆もらい、皆にっこり、心地よい汗を流した。
 参加した新井祐生くん=市立高砂小4年=は「前に祖母と屋久島に一緒に行って歩くことが好きになり、今回もおばあちゃんを誘って参加しました。途中疲れたけど、歩くのはだれも助けてくれないから自分の力で最後まで歩くしかないのよ、と励まされ歩きました」と無事ゴールできて満足そうだった。

>戻る