トップニュース

現職、新人2人の三つ巴・草加市長選

2009.7.13(草加市)
ニュース写真
 任期満了に伴う草加市長選挙は19日告示、26日投開票される。3選目指す現職の木下博信氏(44)=無所属=、新人で会社役員の福田誠一氏(45)=無所属、日本新党推薦=、おなじく新人で会社役員の押切康彦氏(72)=無所属=が出馬を表明しており、三つ巴の様相(7日現在)。有権者数は19万2677人(男9万8549、女9万4128、6月2日現在)。  立候補予定者は次の通り。

 木下 博信氏(きのした・ひろのぶ) 草加市長。慶応大学法学部政治学科卒。塾講師。損保代理店主などを経て、1993年8月草加市議補選で初当選、3期8年務める。2001年7月に草加市長に初当選。社会福祉法人草加市社会福祉事業団理事長、全国青年市長会会長。家族は父と妻、長男。住所は草加市吉町5丁目11の36。足立区出身。44歳。

 福田 誠一氏(ふくだ・せいいち) 金属加工会社役員。私立巣鴨高校卒。草加青年会議所2000年度理事長。二男の障害をきっかけに、障害児対象の保育施設運営・サポートのため2006年8月、NPO法人を創設、理事長に就任。現在、草加市PTA連合会会長、瀬崎第2町会副会長。家族は妻、長男、二男、長女。草加市瀬崎町346。草加市出身。45歳。

 押切 康彦氏(おしきり・やすひこ) 設備工事会社役員。東京都目黒区目黒一中卒。1968年から76年、国会議員秘書をつとめる。以後、政治関連の仕事に従事。草加市氷川町325。2002年、06年、草加市議選に立候補したが、落選。東京都目黒区出身。妻と二人暮らし。72歳。


>戻る