ニュース

信田さん体操指導・高砂小で

2009.7.6 (草加市)
ニュース写真
 ソウル五輪元女子体操日本代表の信田美帆さんを迎えて、草加市立高砂小学校で先月19日に体操教室が行われた。トップアスリートの豊かな経験と卓越した技術をもとに、子どもたちに体を動かす楽しさを体験してもらい、運動・スポーツへの興味を高めてもらおうという、文部科学小・財団法人日本体育協会が実施する「トップアスリート派遣指導事業」。
 体を十分ほぐす準備運動をしたあと、信田さんがマット運動や平均台の模範演技を披露。助走をつけてロンダート(側方倒立回転跳び4分の1ひねり)から後方宙返りの大技を目の前で見た児童たちは「すごーい」と驚きの歓声があがった。児童一人ひとりマット運動を体験し、「上手に前転したり後転するには、手のひらをしっかり開き、マットに着いてやることが大事。おへその辺りを見ながらやるとスムーズに回転できる」とコツを伝授されると、はじめはぎこちなかった児童もきれいに回転できるようになってにっこり。
 信田さんは、「すぐにできる人もいれば、何度も練習しないと出来ない人もいて、人はそれぞれ違う。途中であきらめずやり続けていれば必ず出来るようになります。夢や目標は必ずかなう」と自身も苦手な種目を毎日の辛い練習を乗り越えて克服、五輪代表を勝ち取った体験談を話しながら児童にエールを贈った。

>戻る