ニュース

GP、本社賞に増田純音くん・クラシックジュニアコン

2009.5.25(草加市)
ニュース写真
 第6回「草加市演奏家協会クラシック音楽ジュニアコンクール」(草加市演奏家協会主催、財団法人草加文化協会共催、草加市、草加市教育委員会、東武よみうり新聞社など後援)が17日、草加市文化会館ホールで開催され、小学1年生から高校3年生まで5部門76名が日ごろの鍛練の成果を競った。
 本年度より会場を会議室からホールに移した。コンサートを意識したスポットライトを浴びて出場者たちは緊張感と高揚感が増した。グランプリ(草加市長賞)にはC部門(小学5・6年生=東武よみうり新聞社賞)1位の増田純音くん(足立区立五反野小学校5年)が、審査員特別賞にはA部門(小学1・2年生)2位の増田宙音くん(足立区立千寿第5小学校2年)、草加市演奏協会賞にはD部門(中学生)2位の日下穂香さん(草加市立青柳中学校1年)がそれぞれ受賞した。
 萬歳典子審査委員長(武蔵野音楽大学准教授)は「音楽は芸術の研鑽と人間育成です。次のコンクールのためにまた努力を続けてください」と評した。各部門の1位と草加市演奏協会賞受賞者は11月29日同館で行われる「草加市演奏協会ハートフルコンサート」で披露演奏する。
 平成5年に「音楽都市宣言」をした草加市は市民が気軽に音楽と親しめるまちづくりを目指している。演奏家協会の河内紀恵会長は「年々参加者もレベルも上がっています。(クラリネット、ホルンなど)それぞれの楽器を頑張っている方の参加も増えました。協会としても明日からまた来年に向けて始動します」と未来の演奏家たちの成長を温かく見守っている。
  (新井 真由美)

 ◇コンクール入賞者(敬称略)▽グランプリ=草加市長賞 増田純音(ピアノ、足立区立五反野小5年)▽草加市演奏協会賞 日下穂香(ピアノ、草加市立青柳中1年)▽審査員特別賞 増田宙音(ピアノ、足立区立千寿第五小2年)
[E部門(高校生)]@飯島奈央(フルート、早稲田大学本庄校3年)A飯田毅(ピアノ、松伏高3年)▽奨励賞 山本己太郎(ピアノ、草加南高1年)[D部門(中学生)]@福田愛(ヴァイオリン、十文字中2年)A日下穂香(ピアノ、草加市立青柳中1年)
 ▽奨励賞 向山樹(ピアノ、早稲田中3年)[C部門(小学5・6年生)]@増田純音(ピアノ、足立区立五反野小5年)A石田奈々(ピアノ、松戸市立小金小6年)[B部門(小学3・4年生)]@岡田華子(ピアノ、埼玉大教育学部付属小4年)A佐々木怜那(ピアノ、草加市立新田小4年)▽奨励賞 田中希南(ピアノ、足立区立舎人第一小4年)、糠信雄太郎(ピアノ、草加市立谷塚小4年)[A部門(小学1・2年生)]@佐藤愛佳(ピアノ、越谷小2年)A増田宇音(ピアノ、足立区立千寿第五小2年)▽奨励賞 長谷山寧音(ヴァイオリン、さいたま市立尾間木小1年)
 ◇努力賞 飯田毅(松伏高3年)、西河由季(羽生市立東中3年)、岡田梓(越谷市立東越谷小5年)、田中希南足立区立舎人第一小4年)、平田三結(春日部市立桜川小3年)、小谷未有(八潮市立柳之宮小3年)、沼尾夏遼(越谷市立明正小3年)、杉浦巧人(草加市立高砂小4年)、糠信雄太郎(草加市立谷塚小4年)、船越未歩(川口市立安行中2年)

>戻る