ニュース

草加文庫14弾発刊・奥の細道文学賞6編など収録

2009.4.6(草加市)
ニュース写真
 草加市の「第6回奥の細道文学賞」の入賞作品6編などを収録した、作品集が草加文庫第14弾として発刊された。
 同文学賞は、1992年に市制35周年と松尾芭蕉没後300年を記念し、奥の細道や日本の旅などについて書かれた紀行文・評論・随筆を対象に創設。今回は国内外から150編の応募があり、グランプリには所沢市在住の星野透さん(70)の「父母との細道」が輝いた。先月22日、表彰式が行われ、星野さんは「頑固な父と認知症の母を連れての最後の旅での親子3人の心の交流を表現しました。受賞は大変うれしい」と語った。
 作品集には、星野さんの作品のほか、優秀賞2編、佳作3編を収録。06年度に表彰した、奥の細道ジュニア文学賞の優秀賞の脇田麻優香さんの「不思議大陸・エコ・ツアー」はじめ4編も併せて掲載した。
 作品集は文庫サイズ、255n。1部500円で市役所西棟2階情報コーナー、市立図書館、市内各公民館・文化センターで発売中。
 <問い合わせ>草加市文化・スポーツ振興課TEL048・922・2968。

>戻る