ニュース

保育園児96人とジャガイモ植え付け・草加市シルバー人材センター

2009.3.16(草加市)
ニュース写真
 草加市シルバー人材センターでは10日、金明町のシルバー農園で、近くのあさひ保育園、やはた保育園の3歳から5歳児96人を招き、ジャガイモの種イモの植え付けを行った。
 園児たちは、半分に切られたジャガイモの切り口にたっぷりと灰をつけた種イモを同センター会員の補助を受けながら、植え付けしていねいに土をかぶせていった。品種は「男爵」で約10`、6月中旬には50`ほど収穫できる見込み。昨年までは園児に収穫体験のみしてもらっていたが、食育の観点からも今回は植え付けからの体験となった。昨年、収穫してカレーライスにして味わった園児の一人は「カレーは大好き、おしかった。また、みんなと一緒に食べたい」とワクワク顔だった。
 シルバー農園は、約1056平方bの広さで、仕事だけでなく農業体験しながら会員の親睦、交流を深めようと3年前開園。同農園のリーダーの一人、柏倉定男さん(70)=金明町在住=は「一人5坪でシルバー人材センター会員30人に貸し出しするほか、センター委託運営する子育て支援施設や保育所の農業体験に使っています。子ども達の元気な姿が私たちの活力になっています」と微笑んでいた。

>戻る