ニュース

まちなみ景観賞に15作品決まる・清水宅など

2009.2.23(草加市)
ニュース写真
 第16回草加市まちなみ景観賞の選考がこのほど行われ、各部門の入賞作品が決まった。
 同賞は、1988年に良好な景観に対する市民への意識啓発、個性的で魅力ある草加らしいまちなみ景観の実現をめざし創設。今回は建物景観部門に、緑化部門に24作品の応募があった。獨協大学の鈴木隆教授を座長に9人の選考委員が現地調査や資料をもとに市民投票も参考に計15作品を選考した。市では市民、事業者、行政がそれぞれの役割を持って推進するため、昨年3月に草加市景観計画、同条例を制定、10月から施行。独特の色彩基準や戸建て住宅まで届出範囲を広げ、各方面から注目されている。
受賞作品は次の通り。
 【建物景観部門】▽まちなみ景観賞=若林邸(青柳4)、草加せんべいの庭(金明町)清水邸(谷塚町)▽奨励賞=日向野邸(稲荷3)、藤波邸(青柳5)、コスモアベニュー草加新田ビレッジホームズ(同)
 【緑化部門】▽まちなみ景観=藤波邸(青柳5)、久保邸(弁天2)、小櫃邸(新栄町)▽奨励賞=江間邸(栄町)、平林邸(青柳6)、内田邸(遊馬町)、田中邸(金明町)、千葉邸(原町)
【活動部門】栄町園芸クラブ

>戻る