ニュース

みこし豪快夏まつり・「春日部夏まつり」開催

2016.7.25(春日部市)
ニュース写真
 「第44回春日部夏まつり」が9日、10日の2日間、春日部夏まつり実行委員会(粕壁地区自治会連合会・春日部商工会議所・春日部市観光協会で構成)の主催で開催された。会場は東武スカイツリーライン「春日部」駅東口周辺。

 春日部の夏の一大イベントであるこのまつりは、国道4号線の一宮交差点近くの八坂神社の祭礼をその由来としており、戦後の一時中断を経て、昭和48年の旧春日部市の市制施行20周年を記念して春日部夏まつりとなった。

 9日はあいにくの雨が降ったり止んだりの天気だったが、多くの人が会場の春日部駅東口周辺を訪れた。孫を連れて訪れた市内在住の女性は、「孫が、御輿を見たいと言うので毎年来ています。雨だけど開催されてよかった」と笑顔で話していた。

 開会式には、石川良三・市長や歌手で「かすかべ親善大使」のあえかさんらが応援に駆け付け、御輿パレードなどに声援を送った。

 会場では、流し踊り、和太鼓競演などが各所で開催され、御輿パレードでは市内各所から集結した20を超える御輿が豪快に練り歩き、雨にも負けず、会場は熱気に包まれた。

 浴衣姿で訪れた大学1年生の女性2人に話を聞くと、「せっかく浴衣姿で来たので、浴衣の写真や御輿の様子をSNSに投稿したい」と祭りの楽しみかたを話していた。
>戻る