ニュース

大凧マラソンに1万人・平井さんらゲストランナーに

2016.5.16(春日部市)
ニュース写真
「第28回春日部大凧マラソン大会」(春日部大凧マラソン大会実行委員会主催)が4日、春日部市庄和総合公園周辺を会場に開催された。当日は晴天に恵まれ、ハーフ、10`、5`、2`の年齢・性別の計25部門に、1万人を超えるランナーがエントリーした。
 今年は、かすかべ親善大使で気象予報士の平井信行さん(48)がハーフに、埼玉県庁職員の川内優輝さん(29)が10`にゲストランナーとして参加し、大会に華を添えた。
 午前9時、多くのランナーがマラソン前の足慣らしをする中、開会式が行われた。開会式でゲストランナーの川内さんは「気温が高いから脱水症状に気を付けて」と、熊本県八代市出身の平井さんは市主催で行われた熊本地震への義援金への協力を呼び掛けた。
 午前10時過ぎ、号砲とともにランナーは一斉にスタートし、さっそうと駆け出した。ランナーたちは、沿道の「がんばれ」という声援に応えながら、気持ちよさそうに汗を流していた。ゴール地点では、2`の部から次々と選手がゴールし、ボランティアによるゴール接待や記録証の発行受け付けなどが行われた。
 大会運営では、コース上の7か所の給水所や、受け付けテント、会場案内などで中学生や高校生、スポーツ団体、一般の市民など多くのボランティアが協力していた。
>戻る