ニュース

「榎の囃子神楽」公開・小学生も参加

2015.11.10(春日部市)
ニュース写真
 春日部市神間の富多神社で15日、300年の歴史を持つ「榎の囃子神楽」を公開した。この神楽は、市の無形民俗文化財に指定されている。当日は抜けるような青空のもと、多くの人が集まった。
 神事と大人神楽の後に、10年以上この行事に参加し続けている地元の春日部市立富多小学校から、3年生、4年生の児童たちがそれぞれ「おかめとひょっとこ」「大黒様」を披露した。児童たちは週に一度、地元の神楽連(かぐられん)の人を講師に迎え、踊り手とお囃子の練習に励んできた。
 無事に舞台を終えた4年生の渡辺花音(かのん)さん(10)は「練習の時は太鼓に合わせられなかったことがあったけど、今日は合わせられて上手にできた」と感想を話していた。

>戻る