ニュース

親子でイチゴ狩りツアー・つるし飾り作りも

2014.3.10(春日部市)
ニュース写真
 春日部市の「幼児限定!親子イチゴ狩りツアー」が1日行われ、親子10組が参加し、イチゴ狩りなどを楽しんだ。このツアーは、春日部市の観光に触れてもらおうと企画したもので、農業関連、子育て関連機関と連携して実施したもの。
 参加者は、春日部市第1児童センター「エンゼル・ドーム」に集合し、まずは牛島女体神社へ向かった。牛島女体神社では、今回のツアーのガイド役の観光ボラティア「案内人の会」の会員による、富士塚の楽しいガイドが行われ、子どもたちも楽しく富士塚の歴史などを学んだ。
 続いて大落古利根川沿いの遊歩道を歩き、橋を渡って市内のイチゴ農園「金子農園」へ向かう。イチゴハウスの中にはプランターに植えられたイチゴがズラリと並び、イチゴの甘い匂いでいっぱいの中、参加者はそれぞれ赤く色づいたイチゴを探した。大きくて真っ赤なイチゴを摘み取ると、親子で頬張ったり、イチゴを手に取って記念撮影したりと、参加者はイチゴ狩りを満喫していた様子だった。
 エンゼル・ドームに戻ると、簡単なお雛様のつるし飾りを親子で共同製作し解散となった。親子で参加した三ノ輪直子さん(32)は「イチゴ狩りだけでなく、ボランティアガイドの皆さんの説明やつるし雛かざりの工作など想像以上に良い催しでした。またこういう企画をぜひお願いしたいです」とうれしそうに話していた。

>戻る