ニュース

ゆるキャラで投票を学ぶ・葛飾中の生徒

2014.3.3(春日部市)
ニュース写真
 春日部市立葛飾中学校(山口美佐夫校長)で5日、1年生136人(全5クラス)が、春日部市のゆるキャラを活用した模擬投票を行った。これは、市が行っている「かすかべし出前講座」のメニューにある「選挙制度について」を利用したもので、選挙に関する理解と関心を高め、学校側の選挙学習会にあわせて行われたもの。
 春日部市のゆるキャラ、「とろ★りん」(実際の選挙では記号の★は使用できないので講座中は星印を使用していない)、「しょうたん」を立候補者に見たて、生徒が投票を実施。生徒からは、「投票は難しくありませんでした。20歳になったらぜひ投票に行きたいです」と、将来の投票へ意気込みが感じられた。
 投票後は、生徒数人が選挙管理委員会事務局の職員に付き添われ、開票作業も実施した。開票結果は、「とろ★りん」68票、「しょうたん」66票、無効票2票の結果となった。

>戻る