ニュース

市とJAFが包括連携協定・イベントへの協力も

2014. 2.24(春日部市)
ニュース写真
 春日部市と一般社団法人日本自動車連盟(JAF)埼玉支部は10日、包括的連携協定を締結した。この協定は相互の連携と協力のもと、活力ある個性豊かな地域社会の発展に寄与することを目的として締結したもので、地域の観光・産業振興や交通安全、防災などに関する連携などを今後行っていくもの。
 JAFは県下約90万人、関東で約500万人の会員向けに情報誌の発行や、ホームページの開設などを行っており、これらを活用し、春日部市のイベントなどの情報を発信していく他、交通安全のノウハウを活かし、市の交通安全イベントへの協力や、災害時の協力などを行っていく。
 同支部事務所長の武田高泰さんは「春日部市のイベントなどを紹介し、多くの会員にドライブしてもらい、車に乗る楽しさを知ってほしい。この取り組みを地域振興につなげていきたい」と話し、石川良三市長からは「協力し合い、お互いの良いところを生かし合っていきましょう。ノウハウを生かし、ぜひ春日部市の魅力を発信していただきたい」と話した。

>戻る
ホームページの内容を無断で複製・転載することは著作権法により禁止されています。