ニュース

エンゼルコンサート・「ちびまる子ちゃん」など演奏

2013.2.4(春日部市)
ニュース写真
 春日部市第1児童センター(エンゼル・ドーム)で1月27日、「第14回エンゼルコンサート」が開催された。今回も、第1回から協力している、NPO音楽ボランティアサークルである「ゆっぴーず」が演奏した。
 このコンサートは、ふだんなかなか生の音楽に触れることの少ない親子に、一緒に音楽を聴いて楽しんでもらうとを目的に、年2回開催しているもの。今回は、「ちびまる子ちゃん」のテーマ曲でお馴染みの「おどるポンポコリン」をオープニング曲に、計15曲を披露した。
 また、途中、マジックや、チビックスによるキッズダンスも披露され、会場の盛り上がりに花を添えた。
演奏したほとんどの曲が、来場した子どもたちの知っている曲であり、曲に合わせて、一緒に踊ったり、声を合わせて歌ったりして、多くの子どもたちがコンサートを楽しんでいた。
 今回参加した、市内藤塚在住の双子の姉妹、稲葉 瑠七(るな)ちゃんと玲七(れな)ちゃん(牛島小学校3年生)は「コンサートをやるので見に来た。とても楽しかったので、また見てみたい」と話していた。ゆっぴーずの代表・藤井 智さんは「みんなが知っている曲を演奏したり、ダンスやパフォーマンスを披露するなど、子どもから大人までが楽しめるコンサートを目指しています。親子一緒で楽しい時間を過ごしてもらえたら」と語っていた。

>戻る