ニュース

1756人が楽しむ・初の「春日部羽子板まつりと宿場ハイキング」

2013.1.7(春日部市)
ニュース写真
 「春日部羽子板まつりと宿場町ハイキング」が12月22日、春日部市内で行われ、1756人が参加した。これは、東武鉄道株式会社が主催する「東武健康ハイキング」の一つで、12月22日〜24日に春日部駅東口前で行われた「春日部押絵羽子板まつりと特産品まつり」に合わせて開催された。
 春日部市役所で受け付けを済ませ、約14`bのコースを出発した参加者たちは、あいにくの雨天ではあったが、市指定の有形文化財である「やじま橋」の説明書きに足を止めたり、春日部八幡神社の境内を見物したりと、市内の自然や歴史を堪能していた様子。
 また、コースの途中である春日部駅東口前で開催されていた「春日部押絵羽子板まつりと特産品まつり」では、春日部市の特産品である押絵羽子板、桐たんす、桐小箱、麦わら帽子などが所狭しと並べられ、ハイキングの参加者を含め多くの客で賑わっていた。ゴール地点の春日部市商工振興センター(アクシス春日部)では、温かい飲み物が振舞われ、「春日部やきそば」や「大凧やき」など、地元のB級グルメの屋台が並び、ゴールした参加者たちをねぎらった。

>戻る