ニュース

市長賞に牛島小・緑のカーテン審査

2012.10.8(春日部市)
ニュース写真
 春日部市は、地球温暖化防止の一環として市民・自業者を対象に「緑のカーテンコンテスト」を実施し、完成度を競った。また節電対策の一環として、「春日部市版家庭の電気ダイエット」を実施し、今年と昨年の7月、または8月分の電気使用料を比較し、削減率の大きさを比較した。9月27日に授賞式が市役所市民ホールで行われ、カーテンが1団体と4人、電気は3人が表彰された。
 緑のカーテンコンテストは直射日光を遮り、植物の葉の蒸散作用により夏季の冷房エネルギー、ヒートアイランド現象の低減を図るのが目的。審査基準は生育状況、創意工夫、設置方法、効果、景観などを審査した。14件の応募があり、市長賞には牛島小学校が選ばれた。校舎のベランダを利用し、高さ約10bもの高さまで、アサガオを咲かせた。琉球アサガオという品種で茎の太さ・葉の大きさも大きく、日陰効果抜群だった。
 電気ダイエットには一般の部7家族、小学生の部に22校393人が参加した。表彰されたのは一般の3家族で1位は太田綾さんの削減率56%。2位は永浜佳子さんの42%、3位は阿出川綾子さんの28%だった。
 緑のカーテンのほかの受賞者は次の通り(敬称略)。
 ▽カーテン工夫賞=中村隆伸、當間勝巳▽癒やしの空間賞=清水とみ子▽特別賞=清水滋子

>戻る