ニュース

250人が参加、凧作り体験も・新春凧あげ祭り

2012.1.23(春日部市)
ニュース写真
 春日部市西宝珠花の江戸川河川敷で15日、「第7回春日部市新春凧あげ祭り」が開催された。この祭りは、大凧の里のまちづくりの推進のため、多くの市民に凧づくり・凧あげに親しんでもらい、凧あげの普及を目的とて、春日部市と「庄和大凧文化保存会」が主催しているもの。多くの参加者が凧を持ち寄って大空に揚げていた。当日は約2200人が来場し、250人が凧あげに参加した。
 会場では、連凧、四角凧、変わり凧、立体凧などさまざまな凧が新春の大空を舞った。また、凧づくり体験、凧・凧グッズやタコ鍋の販売、フリーマーケットも同時に行われ、親子連れで賑わっていた。小学生以下先着100人の無料の凧づくり体験では、制作した凧をその場で揚げられるとあって今年も大変な人気を集めていた。凧よろず相談では、庄和大凧文化保存会の会員による壊れた凧の修理などが行われていた。
 なお、大会終了後には表彰式が行われ、ビニールでできた「とんび凧」を作った五十嵐富士男さんの最優秀賞をはじめ、アイデア賞、デザイン賞、よく揚がったで賞などが全27組の受賞者に贈られた。

>戻る