ニュース

こだわりの「自然食」食堂・鈴木さん、有機野菜を使用

2018.1.1(三郷市)
ニュース写真
 日本古来の調味料や有機野菜を使った料理がメインの食堂を昨年8月にオープンしたのは、三郷市栄の鈴木陽子さん(49)。

 つくばエクスプレス(TX)三郷中央駅から徒歩約10分の閑静な住宅街にある隠れ家のような店舗が、鈴木さんがオーナーシェフの創作料理・自然食の食堂「UMAMI食堂 捷の詩(はやのうた)」だ。

 東京都台東区生まれ。高卒後、両親が経営する土木建築会社で働きながら、料理好きの鈴木さんは調理師免許を習得した。ホームパーティーなどで得意の腕を振るってきたが、味わった人たちからは「おいしい」といった讃辞が寄せられ、大きな自信となった。「自分の料理を食べてもらいたい」との思いを募らせ、「人生は一度きり。やらないよりやった方がいい」と一念発起したのが昨年3月。4年前に移り住んだ、2階建ての自宅の1階を店舗へと改装した。これまでの蓄えなどを資金とした。

 料理の特徴は化学調味料を使わず、しょうゆ、みそ、砂糖、こうじなど、日本古来の調味料や有機野菜をメインとしていること。市内の農家から直接仕入れ、市場でも吟味して仕入れている。

 人気メニューは、数種類のスパイスを調合した自家製カレー粉に、だしとこうじを合わせ、約1週間熟成させて煮込んだ「UMAMIだしカレーごはん&うどん」や、生本マグロと大トロ入りの「ときめきロール寿司」など。「開店して4か月、地域の人々の優しさを知り、三郷で開店できてよかった。みんなが笑顔になれる場所になれば」と話し、「いずれは料理教室なども開きたい」と夢を膨らませる。

 営業時間は午前11時30分(土日祝は正午から)〜午後3時(ランチ)と、午後5時30〜10時(ディナー)。月曜定休。駐車場3台。

 <問い合わせ>UMAMI食堂 捷の詩TEL950・8752。
>戻る