ニュース

4800人が走る・みさとシティハーフマラソン

2017.2.20(三郷市)
ニュース写真
 「第48回みさとシティハーフマラソン 〜かいちゃん&つぶちゃんマラソン〜」が5日、三郷市役所周辺を会場に開かれ、市内外から約4800人が参加した。

 同市体育協会主催、第48回みさとシティハーフマラソン実行員会主管、同市、同教育委員会、東武よみうり新聞社ほか後援。

 種目はハーフ(21・0975`)の部など5種目。「1`の部」では、市のマスコットキャラクター「かいちゃん」も約10b力走。2020年の東京五輪・パラリンピックで、ギリシャの“ホストタウン”になることから、駐日ギリシャ大使館のディオニシオス・プロトパパス参事官(51)も「10`の部」を完走した。

 プロトパパス参事官は「ルートもよく、企画・組織もしっかりしていて、とても走りやすかった。ギリシャ大使館としても喜んでいる」と話した。「10`女子39歳以下の部」で3位に入賞した同市戸ヶ崎の青山幸世さん(35)は「昨年は8位でしたが、日々の練習の成果が出せました」と笑顔だった。

lign="right" style="font-size:14px; font-weight:bold;">>戻る