ニュース

孫世代への応援歌に・白川さん「生きる力―」出版

2015. 12.15(三郷市)
ニュース写真
 三郷市早稲田の建築会社経営、白川好光さん(69)がこのほど、これまでの体験で得た独自の人生哲学をつづった「生きる力 智恵の力」(秋田県・くまがい書房)を出版した。

 白川さんは、秋田県北秋田市出身。脊椎カリエスによる障害を持ち、実の父母を知らず、養父母7人に育てられるという、数奇な人生を歩んだ。中学卒業と同時に、大工の修業に入り、上京し24歳で独立した。その波乱万丈の人生や困難を乗り越え、経営を軌道に乗せる過程で得た人生哲学は、「NHKラジオ深夜便」などでも紹介され、各地で講演し、小中学校の非常勤講師なども務めている。

 2年前、孫の高校受験に刺激され進学を決意、現在、県立吉川美南高校の定時制(U部=夜間定時制)に通い始め、現在2年生。孫の世代の同級生と接するうち、「あいさつもできず、先生を尊敬することを忘れ、夢もやる気も失っている若者たちへの応援歌に、人生の参考書になれば」と、この本を書きつづった。

 本は、横書きで一日1ページ読めるように、さまざまなエピソードを交え、365項目にまとめた。1部1300円(税別)。インターネットのアマゾンでも注文可能。  白川さんは、高校では皆勤賞や成績優秀賞を獲得し、「心理学を学びに、大学にも行きたい」と意欲を燃やしている。
  <問い合わせ>くまがい書房TEL018・833・2220。ファックス018・833・6732。
>戻る
ホームページの内容を無断で複製・転載することは著作権法により禁止されています。