ニュース

環境整備組合と災害協定・市が災害廃棄物迅速に

2015.11.2(三郷市)
ニュース写真
 三郷市は10月21日、市内の家庭ごみの収集・運搬を行っている市内業者で構成する、三郷環境整備組合(牛ェ本清掃・且O郷興業・且O栄興業・距髢リ清掃・鞄村興産・新井清掃鰍ナ構成)と「災害時における災害廃棄物の収集運搬に関する協定」を締結した。市役所で根本昭廣組合長と木津雅晟市長が市役所庁議室で調印した。
 東日本大震災や2013年9月に近隣市町などで発生した竜巻、最近では9月の記録的豪雨による河川の決壊など、災害救助法の適用対象の有無に関わらず、三郷市で災害廃棄物の収集運搬を迅速に行うことができるようにするもの。収集運搬の対象は、一般家庭や避難所から排出されるし尿・浄化槽汚泥を含む一般廃棄物や、災害により倒壊・焼失した建物等の解体撤去に伴って発生したものとなる。
>戻る