ニュース

2000人でにぎわう・ハワイアンフェスティバル

2015.10.5(三郷市)
ニュース写真
 三郷市の三郷中央駅前の「におどり公園」で9月26日、「Misato Hawai´ian Fes2015」が行われ、2000人を超える市民でにぎわった。これは、同市で昨年度行ったフライベントが好評だったことから、近隣町会などで実行委員会を立ち上げ、市民の交流を目的に開催した。三郷にぎわい創出実行委員会(前田雅久会長=谷口南町会会長=)・三郷ハワイアンフェス運営委員会共催。
 ステージでは市内や近郊から9団体250人のフラガールが参加し、団体ごとにフラダンスを披露した。式典では木津雅晃市長もアロハシャツで登場し「地域の交流とにぎわいを創出するため多くの人に参加いただきたい」とあいさつした。また、同市立彦糸中学校地域貢献部員らがフラダンスを披露した。
 三郷中央駅周辺は人口の増加が著しく、TX(つくばエクスプレス)開通前は1000人程度だった人口が8000人に増えたという。実行委員会は地域の活性化を図ることを目的として谷口南、谷口中央、新和一丁目、中央二丁目町会の4町会で構成されている。前田実行委員長(66)は「若い人たちが多く、賑わいがあるイベントになった。今後10年たってもソフト面で充実した地域をと考えている」と意気込みを話していた。

>戻る