ニュース

須合、廣瀬さん表彰・優秀現場技術者賞

2015.8.10(三郷市)
ニュース写真
 三郷市役所5階庁議室で7月24日、「三郷市優秀工事表彰式」が行われ、須合政春さん(44)(須合建設株式会社)と廣瀬敦仁さん(40)(株式会社佐藤組)がそれぞれ「優秀現場技術者賞」を受賞した。
 同市が発注した建設工事のうち、特に優れた上位2人を表彰する事で、現場技術者の育成・品質確保と施工意欲の向上を目的としたもの。建設工事に対する関心や市民の理解を深め、地域の発展に繋げる事が狙い。2009年から実施しているが、表彰者が出たのは今回初。喜びも大きい。
 表彰基準は同市からの請負金額が500万円以上、かつ三郷市建設工事成績評定に基づく評定点が80点以上の工事が対象。
 受賞対象となった工事は、須合さんが「北部第二配水場1号配水池改修工事」。有効容量1dの配水池内面と屋根の防水塗装工事を行った。
 廣瀬さんは「公共下水道高州枝線築造(25−2)工事」。小学校や商店・住宅が隣接する地での下水道工事を行った。
 受賞した須合さんは「今回の受賞を大変うれしく思う。今後も気を引き締め、更なる安全と技術向上に努め、施工にあたります」と話した。廣瀬さんは「今回の受賞を受け、須合さんと同じ気持ちだ」と話し笑顔をこぼした。
 今回の表彰に関して木津雅晟三郷市長(69)は「適切な施工管理のもと、材料・品質の確保や安全面に気を付けて施工して頂き、とてもありがたい。今後も責任を持って施工に励んでもらいたい」と語った。