ニュース

におどり公園に時計塔寄贈・三郷鳰鳥LC20周年記念事業

2015.3.2(三郷市)
ニュース写真
 三郷鳰鳥ライオンズクラブの創立20周年記念式典が2月14日、市文化会館で開かれ、同クラブ会員や近隣クラブ、来賓ら約130人が出席した。
 式典は、開会ゴングで始まり、来賓や同クラブ会員の紹介に続き、越塚徳昭会長、ライオンズクラブ国際協会330|C地区の松原一郎ガバナーがあいさつした。越塚会長は「今後も地域に根ざした奉仕活動を展開していきたいと思っておりますので、皆様のなお一層のご指導をお願いします」と述べた。20周年記念事業として、TX三郷中央駅前のにおどり公園に時計塔寄贈、市ボーイスカウト連絡協議会運営資金支援などが発表された。
 木津雅晟市長、榎本幹雄市教育長ら来賓の祝辞のあと、スポンサークラブの三郷ライオンズクラブの岡野保会長に感謝状が越塚会長から手渡された。第2部では祝賀会が行われた。
 同クラブは、1995年6月10日、三郷ライオンズクラブをスポンサーに誕生、クラブの名は、市の鳥「カイツブリ」の古名で万葉集にも歌われている「におどり」から付けた。青少年善行賞表彰の主催、県立三郷特別支援学校地域交流駅伝の協賛などの社会奉仕活動を展開している。

>戻る