ニュース

「詐欺」「交通事故」撲滅活動・吉川署が駅前などで

2014.7.14(三郷市)
ニュース写真
 7月1日は、産業災害、交通事故、火災など国民の日常生活の安全をおびやかす災害の発生の防止を図る「国民安全の日」。吉川警察署は関係機関・団体とともに管内の安心安全なまちづくりを目指すため、6月28日、「国民安全の日★ALL吉川〜KEEP MYM(三郷・吉川・松伏)SAFE!」と称し三郷駅と吉川駅周辺で街頭活動を実施した。
 三郷駅前では木津雅晃三郷市長、川上正美吉川署長をはじめ70人の署員と、地域防犯推進委員、交通安全協会地域活動協議会、三郷市夜間防犯パトロール隊の約30人が広報啓発活動や駅周辺の街頭パトロールを行った。さらに、周辺道路では警察署員が検問を行い、犯罪や交通事故の封じ込め作戦を展開した。
 出発式で川上署長は「県内では振り込め詐欺が多発している。管内では今年度4人の方が交通事故で亡くなっている。特に振り込め詐欺と交通事故に遭わないように願いたい」と話し、一斉活動の陣頭指揮をとった。これは同警察署員の50%にあたる120人体制での一斉活動だった。

>戻る