ニュース

皆で和楽器演奏・前間小30周年記念式典

2013.11.25(三郷市)
ニュース写真
 三郷市立前間小学校(河田嘉春校長、児童147人)で15日、創立30周年記念式典が行われた。冒頭、河田校長は「これまで2993人の卒業生を送り出した。未来の人材育成、日本一の読書のまちの三郷にふさわしい読書好きの子に、教職員全力を注いでいく」とあいさつした。
 式典では、合唱合奏やパソコンクラブによる卒業アルバムから見る「前間小のあゆみ」など、児童による発表が行われた。5、6年生31人による三味線や太鼓、銭太鼓を使った和楽器演奏では「ソーラン節」が披露され出席者から大きな拍手を受けた。番場智美さん(6年)は「たくさんの来賓の方がいて緊張したけど、発表が終わった後、たくさんの方に拍手をいただけたのでうれしく思いました」、野口泰世君(5年)は「発表前はかなり緊張して悩んでいたけど、発表では間違えずにできたのでうれしかったです」と児童にとっても心に残る記念式典となった。
 同校出身者にはロンドンオリンピック陸上代表・高橋萌木子選手、大宮アルディージャ・福田俊介選手、ザスパ草津・小柳達司選手、オペラ歌手・檜垣佐夜子さんなどがいる。

>戻る