ニュース

ゴルフ世界選手権に出場だ・斉藤隼人君(立花小3年)

2013.6.3(三郷市)
ニュース写真
 7月、アメリカ・サンディエゴで行われる「第3回マクドナルドカップ世界ジュニアゴルフ大会」7―8才の部に三郷市の斎藤隼人君(立花小3年)が挑戦する。一昨年6歳以下の部に出場した時は11位だった隼人君は2年ぶりの同大会出場に「1位になれるよう努力して頑張りたい」と闘志を燃やしている。
 全国5ブロックを勝ち抜いた8人が出場した日本代表選手選抜大会(一般社団法人国際ジュニアゴルフ育成協会=IJGA=など主催、3599ヤード、パー72)には知人の松崎富男さん(越谷市下間久里在住)が同行し、キャディーを務めた。1日目をスコア75、3位で終え「もうだめかと思った」という隼人君だが、2日目は松崎さんの叱咤激励もあり、ロングパットを決めるなど波に乗り、スコア73、2位でフィニッシュし2枠のアメリカ大会出場権を獲得した。
 石川遼選手とラウンドしたこともある松崎さんは「飛距離はないが、隼人君のパターは天性のもの。石川遼君とダブる」と素質を称える。全国大会でボギー2つの後、バーディー2つで立て直した経験も。「ボギーはバーディーで返せばいいと思った」と精神力を培う糧になった。
 アメリカ大会は7月15日から17日までサンディエゴの「Oaks North Golf Course」で行われる。天性と経験を武器に頑張れ、隼人君!

>戻る