ニュース

斉藤隼人君が優勝・「第9回彩の国(小・中学生)ジュニアゴルフ大会」

2013.1.21(三郷市)
ニュース写真
 大宮国際カントリークラブで昨年12月26日に開催された、「第9回彩の国(小・中学生)ジュニアゴルフ大会」(埼玉県ゴルフ練習場連盟主催)で、斉藤隼人君(三郷市立立花小2年)が小学4年生以下男子の部で優勝した。4950ヤード81ストロークだった。同大会でこれまで3回優勝している兄の優作君(同市立彦成中2年)は6150ヤード79ストロークで4位だった。
 隼人君は前日の練習ラウンドで、兄・優作君からグリーンを狙うためにはどこに向かって打ったらいいかなどコースマネジメントを受けた。当日は風速8b前後の風が吹く悪条件の中、キャディーを努める父・功さんの「雨風はリズムが早くなるのでゆっくり打て」というアドバイスを守り、「うまくいった」(隼人君)とにんまり。
 優作君は冷静に頭で考え、コツコツ努力するタイプ。隼人君は天性のカンを武器に突き進むタイプ。そんな隼人君に対して優作君は「何も考えず打つことがある。それがいいこともあるが、ちゃんとやれよと思う」と苦笑い。130a25`と小柄な隼人君。今年は「身長を伸ばしてドライバーで210ヤード飛ばすことを目標にして、全日本で3位までに入賞し世界ジュニアに出場し優勝したい」と意気込む。優作君は中学生最後の年に「日本ジュニアと全中出場を目指す」という。斉藤兄弟の今後の活躍に注目だ。

>戻る