ニュース

2市1町に事故防止看板寄贈・道路使用適正化協会吉川支部

2012.11.13 (三郷市ほか)
ニュース写真
 埼玉県道路使用適正化協会吉川支部(佐藤正身支部長)は吉川警察署管内の三郷市、吉川市、松伏町の2市1町にこのほど、「交通事故防止看板」を寄贈した。埼玉県は今年、死亡交通事故件数が全国ワースト2位のため、吉川警察署管内の事故を減らそうと、同支部が贈呈した。
 寄贈された看板は「交差点止まれ」や「通学路注意徐行」などと書かれたもので、佐藤支部長や同署交通課署員らが各市長・町長を訪れ、目録を手渡した。寄贈された看板は各市町の道路などに設置され、ドライバーらに交通事故防止を呼びかける。

>戻る