ニュース

岩手県での「交流会」に参加・三郷市少年消防クラブ

2012.8.20(三郷市)
ニュース写真
 総務省消防庁主催の初の「少年消防クラブ交流会」が8月7日から3日間、岩手県で開催され、三郷市少年消防クラブを代表して小学6年生、中学生1年生の男女5人が交流会に参加した。
 この交流会には、北海道、東北、関東地方の18クラブ、84人のクラブ員と36人の指導者が参加し、将来の地域防災の担い手育成を図るため東日本大震災で被災した陸前高田市などで地元消防団などから震災の教訓を学んだ。阿部佑香さん(新和小学校6年)は震災当時の話に聞き入り、「改めて津波の恐ろしさが分かりました。他のクラブ員や友だちにも伝えたい」と真剣な表情で話していた。
 また、消防の実践的な活動を取り入れ、技術とスピードを競うクラブ対抗競技で、三郷市少年消防クラブは地元クラブを含む19チーム中、見事第1位に輝いた。優勝が発表されると、関根波瑠人君(市立彦糸中学校1年)は「日頃の訓練成果が発揮できてうれしい」と両手を突き上げ、喜びを爆発させた。
 最終日の解散式では今野龍一君(新和小6年)が全クラブ員を代表してお礼のあいさつをし、将来の活躍と再会を誓った。交流会ではその他にも、野外炊事訓練やテント泊などで他のクラブ員と親交を深めた。

>戻る