ニュース

熊川君ら1日署長・吉川警察署で

2012.8.6(三郷市)
ニュース写真
 子どもが単独で行動することが多くなる夏休みは、事件・事故に遭う危険も高まる。夏休みに入ってすぐの7月24日、熊川響志君(三郷市立前谷小6年)・中臺健太君(吉川市立北谷小6年)・石川美晴さん(松伏町立金杉小6年)が一日吉川警察署長を勤めた。
 新三郷駅前、吉川市役所、松伏ニュータウンショッピングセンターで「交通事故のない安全なまちをつくるため、みんなで力を合わせていく」と交通安全子供宣言を読み上げ、チラシや反射材など啓蒙品配るなど、交通事故防止街頭キャンペーン活動を行った。
 3人は6月20日に三郷市総合体育館で行われた「第27回子供自転車乗り大会」の成績優秀者。熊川君は「交通事故は自分だけではく周りの人も悲しませる。(事故が)なくなるように一人一人が心がけるように声をかけていきたい」、中臺君は「交通ルールなど習ったことを普段もしっかりやってみんなに教えていきたい」、石川さんは「自分でも正しい自転車の乗り方を心がけて町のひとに安全な乗り方を伝えていきたい」という。

>戻る