ニュース

栄の生垣など優秀賞・第1回景観賞15点を表彰

2012.5.21(三郷市)
ニュース写真
 市民が愛着と誇りがもてる良好な景観形成のため、市制施行40周年を記念して創設した「第1回三郷市景観賞」の表彰が4月29日、におどり公園で行われた春の花いっぱい運動の一環で行われた。
 「活動」「建物・緑」「景色」の3部門で公募し15点の応募があった。景色部門は応募者が撮影した風景写真が対象。良好な景観の保全や創出にかかわる活動をしている団体や、事業者、所有者など今回は、景観優秀賞5作品、景観賞9作品が表彰された。表彰作品は、6月4日まで、ららぽーと新三郷内の「ららほっとみさと」でパネル展示中。
 表彰は次の通り(敬称略)。
 <景観優秀賞>▽建物・緑部門=栄の保存生垣(台一男)、妥女の田園風景(松本敏郎)▽景色部門(写真)=早稲田さくら(宇津木圭一)、秋彩(三輪正博)、つくばエクスプレスと朝日(菅原正夫)
 <景観賞>▽活動部門=公園管理・谷口南町会(前田雅久町会長)、同・天神町会(大久保守善町会長)▽建物・緑部門=ベストライフ三郷中央(白石直人・堀切史朗)、グループホームみんなの家T(白石直人・斉藤実)、昇邸(白石直人・昇史朗)▽景色部門=江戸川排水機場後部から(宇津木圭一)、みさと団地(石井隆寛)、夕富士(加藤友美)、江戸川堤夕景(増田茂)
>戻る