ニュース

市制40周年ポスター図案決まる・3高校に依頼

2012.5.1(三郷市)
ニュース写真
 5月3日に市制施行40周年を迎える三郷市が、市内の県立高校3校(三郷、三郷北、三郷工業技術)にデザインを依頼し制作していた、40周年告知ポスターがこのほど完成した。
 若い世代の柔軟な発想で描いたポスターで市民に周知し、若い世代も含め市に愛着や関心をもってもらうのが狙い。デザイン画は、各校の美術部の生徒や授業などで描いた絵が出品され、選考の結果、5点が採用された。採用されたのは、安原ジェシカさん(三郷高校3年)、大熊美咲さん(同2年)、高橋美咲さん(三郷北高校卒業、制作当時は3年)五十嵐明日香さん(三郷工業技術高校・情報電子科2年)、茂木智哉さん(同)の作品。市のキャッチフレーズ「元気いっぱい きらりとひかるまち みさと」を入れ、漫画風にまちの資源や大人や子どもが楽しく走るものなど、まち全体が元気で、子どもたちの未来が輝くイメージの力作ばかり。
 ポスターは、デザインの右側には主な記念イベントの告知を配置し、B4、B3、ポストカードサイズにして、約1000枚を制作。市の公共施設や、市内路線バスなどに掲示し市制40周年をPRしている。
 市制40周年記念式典は11月10日に開催を予定している。記念事業は、みさと船着場フェスティバル(5月19日)、サマーフェスティバル花火大会(8月25日)、子どもフォーラム(10月27日)、消防フェア(11月11日)、産業フェスタ(11月17、18日)、スポーツフォーラム(12月予定)、タイムカプセル開封式(来年3月予定)などを予定している。

>戻る